放射能汚染、放射線・放射性セシウムや放射性物質の影響、放射能測定器による検査

放射線、放射能測定会社・専門業者です。
Service

フリーダイヤル:0120-477-885

Topics


放射能の基礎知識
放射性物質の種類
日本と世界の
放射能暫定基準の
比較
今できることと、
今後の対応・心がけ
空間線量の目安
電離放射線
無料相談・無料見積り

フリーダイヤル:0120-477-885

R&Tは、
放射能や放射線を
測定する民間機関
調査会社です。

info@randi-supply.com














東京・神奈川・千葉を
はじめ関東甲信越、
日本全国、ご指定地域での放射線量測定・放射能の出張測定を行う業者

放射能・放射線の影響、ホットスポット及び食品など、放射線の出張検査を行う測定会社
放射能汚染マップ・放射線量分布マップ作成の民間調査業者です。



放射線量測定・放射能汚染の測定、調査サービス


放射能汚染の影響と放射線測定

放射能への不安や関心が高まる状況下、自分の身の回りの放射能の量がどれくらいあるのか確かめたいといった問い合わせが寄せられております。

これらを踏まえ、皆様の安全と安心をお届けできるよう、
アール・アンド・アイでは
放射線量・調査サービス」を開始致しました。

このサービスは、物や環境を対象としており、人体に与える影響のシーベルトを身の回りの線量を知る上で、目安として参考にしていただく事を目的とされたサービスとなります。

3・11の震災以降、放射能汚染は被災地のみならず、日本全国へと拡散していく状況下、様々な情報が錯綜し、政府や東電の発表する情報には操作や隠蔽しようとする意図が散見され、いったい何が安全で何が安全でないのか困惑されている方は少なくないと思われます。


政府の安全だ、という言葉を信じて、
福島の子ども達は内部被爆を受けてしまいました。

先日、福島県の子ども達の尿から放射性セシウムが検出されたとニュースで報じていました。

また、汚染された地域の野菜や果物、牛肉などが全国に広がっております。

震災前は、内部被爆+外部被爆量は1年1mmシーベルトと法律で定めておりましたが、震災以降、暫定基準値1年20mm(1年間で胸のレントゲン約400回分)シーベルトと根拠もなく跳ね上がってしまいました。

なお、放射線被爆者に対する白血病の「労災認定」というのがあります。

これは、健康管理や線量測定をしながら職業的に放射線業務をしている成人で、5mmシーベルト以上の被爆をした際に認定されます。

要するに、5mmシーベルト以上の被爆は労災認定を受ける位に危険であるという事ですから、国の暫定基準とされている20mmシーベルトが何故安全といえるのでしょうか?

結局、政府の安全だ、という言葉を信じて、福島の子ども達は内部被爆を受けてしまいました。


放射能測定・放射線測定器による検査


このような人にお薦めいたします!

子どもを被爆から守りたい。
公共の場所以外で、自分の家や庭がどれくらいの線量なのかを知りたい。
放射線量の高い場所を特定し効果的に除染したい。
自分で、線量計を買って量りたいが、高価で手が出ない。或いは、入手困難である。
子どもが遊ぶ場所の線量を調べたい。
家の冷蔵庫にある食べ物をチェックしたい。

東京都の発表では、空間線量毎時0.08マイクロシーベルトと言っておりますが、実際に計測したら、それよりも高い所がある事が判りました。

ある地域では、
ホットスポットと呼ばれる非常に高い線量が計測される場所もある事から考えると、放射能物質がどこに潜んでいるのかは、実際に測定していかないと判らないという事です。






(株)アール・アンド・アイ お問合せ:0120-477-88503-5798-4688






Ccopyright(c) RandI.放射能汚染の測定検査・民間調査業者 All Rights Reserved.





東京・神奈川・千葉関東甲信越をはじめ、ご指定地域での放射能、放射線量出張調査、測定検査など全国対応いたします。

アール・アンド・アイは、放射線量測定・放射能測定放射能・放射線の影響、ホットスポットの放射線測定、放射能汚染マップ・放射線量分布マップの出張測定・検査を行う業者、民間調査機関、法人企業会社です。